フォトアルバム

フォトアルバム

Powered by Six Apart
Member since 06/2012

好きな店

  • ネットショップ javari のメンズシューズ
     ☆何度でも無料でキャンセルできる
  • 東京都中央区銀座5 新富寿し
     ☆宮内庁の総料理長がここで修業
  • 松山市大街道1丁目 中野本舗
     ☆薄墨羊羹は日本を代表する銘菓
  • 東京都杉並区荻窪 ペペロンチーノ
     ☆マスカルポーネのキッシュ
  • 京都市中京区三条通東入 田毎本店 
     ☆数量限定みそぎそば
  • 京都市上京区出町通 ふたば
     ☆豆餅&水無月
  • 東京都千代田区内幸町 宇和
     ☆鯛めし&お昼の重ね弁当
  • 東京都港区虎ノ門 つる寿
     ☆お昼の盆盛り定食&おせち
  • 岐阜市美園町 帽子屋GOSABURO
     ☆James Lock さながらの中折帽 
  • 札幌市北区北18西5 おし鳥
     ☆生まぐろの赤身の握り
  • 東京都小平市学園西町 キッチンK
     ☆銀座でも行列のできるビクトリアカツ

みえない樹 Feed

2012年12月23日 (日)

しまひとみの 好きな詩 1 「みえない樹」

 

パピルスに印刷された「生命の樹」

Photo_3

 

 

みえない樹

 

わたしのなかの 一本の樹

いつからか めばえてのびた 名まえのない樹よ

わたしのなかで 葉むらそよがせ きょうも 立っている樹よ

みえない もうひとりの わたしよ

 

そむかれて たったひとりだとおもった あの日

もどかしく わたしのことばが くちごもり 

だれにもつたわらなかった あの日

わけもない いらだちが わたしをさしつらぬいた あの日

わたしはみた わたしはきづいた おまえが立っていることに

 

そのきずの そこここに 

なおも芽ぶいて そらをさす

まっすぐなうた

 

わたしのなかの 一本の樹

葉むらを ゆめと そよがせて

かぼそいこずえ ふるわせて あたらしく きょうも のびる

みえないものよ のびるがいい

 

わたしのなかの 一本の樹よ

樹のかたちした わたしのこころよ

かぜの 告げる とおいことばを きくために

あの はるけさを 知るために

 

伊 藤  詩

     

詩人 元 NHK 専属作家

 「言葉と音楽のための三つの形象」    

     1958年   イタリア賞    受賞

 

            

◇「黒い絵画」レオノール・フィニの作品による

   秋山 邦晴 ・ 詩 / 武満 徹 ・ 曲

 

◇「不死鳥」マリノ・マリニの作品による

   岩田 宏 ・ 詩 / 林 光 ・ 曲

 

「忘れていた人生」 ジョルジョ・デ・キリコの作品による

   伊藤 海彦 ・ 詩 / 入野 義朗 ・ 曲

 

   

     

  Nコン Juke Box 第44回 昭和52年度 高等学校の部

  高松第一高等学校演奏  music

  プリント楽譜「みえない樹」

  2012/06/15(1st)

 

 

         ficus benjamina

 

2017/9/1

201791

     きょうの ベンジャミナ  2017/9/1

 

 

2015/12/14

20151214_2

    きょうの ベンジャミナ  2015/12/14

 

 

2013/9/23

A_2013923

到着  翌日の  ベンジャミナ  2013/9/23

 

 

 

しまひとみの 好きな 詩  伊藤

 

「島よ」

島よ Ⅰ 島よ Ⅱ 島よ Ⅲ 島よ Ⅳ 島よ ⅤⅥ

 

島は感じる 島は濡れ 孕み

島は鮮やかに生きはじめる

島よ おまえは私ではないのか

私ではないのか 島よ