フォトアルバム

フォトアルバム

Powered by Six Apart
Member since 06/2012

好きな店

  • ネットショップ javari のメンズシューズ
     ☆何度でも無料でキャンセルできる
  • 東京都中央区銀座5 新富寿し
     ☆宮内庁の総料理長がここで修業
  • 松山市大街道1丁目 中野本舗
     ☆薄墨羊羹は日本を代表する銘菓
  • 東京都杉並区荻窪 ペペロンチーノ
     ☆マスカルポーネのキッシュ
  • 京都市中京区三条通東入 田毎本店 
     ☆数量限定みそぎそば
  • 京都市上京区出町通 ふたば
     ☆豆餅&水無月
  • 東京都千代田区内幸町 宇和
     ☆鯛めし&お昼の重ね弁当
  • 東京都港区虎ノ門 つる寿
     ☆お昼の盆盛り定食&おせち
  • 岐阜市美園町 帽子屋GOSABURO
     ☆James Lock さながらの中折帽 
  • 札幌市北区北18西5 おし鳥
     ☆生まぐろの赤身の握り
  • 東京都小平市学園西町 キッチンK
     ☆銀座でも行列のできるビクトリアカツ

しまひとみの好きな店 Feed

2012年12月23日 (日)

好きな店 1 帽子屋 GOSABURO

 

岐阜市美園町の帽子屋GOSABUROさんから帽子を取り寄せました。

あのロンドンの James Lock に置いてあるような実に堂々としたフェルトの中折帽です。

創業120年、老舗の風格を感じます。

見ているだけで幸せな気持ちになれる逸品。

これぞまさしく芸術品!

中折帽 ファー(ベージュ)

Photo

帽子屋GOSABURO

 

創業1676年の本家 James Lock の中折帽(オリーブ)

James_lock_3

ZOZOTOWN

12/06/20(1st)

             

                    

しまひとみの好きな店 4    

やきとりと 握り鮨の おし鳥 

札幌市 北区 北18 西5                

   

残念ながら 2012年11月末で 閉店

店主の 加藤嘉勝 さん が 80歳を越え

店の賃貸契約が切れるのを機に  閉店を決断とか

   

          

1992年8月の末

北大での 学会発表の際

北大に1番近い宿泊施設なので

無信仰 無宗教 ながら

北海道クリスチャンセンターに 宿泊

4泊のうち 3泊目に おし鳥で 夕食

   

           

マスターの おすすめ で

やきとりの 盛り合わせ と

生まぐろの握りを 頂きました

     

         

     
マスター 

元々は 函館で 大きな お鮨屋さんを 経営とか

やきとりと 握り鮨が 一緒に食べられる 理由 です
            

カウンターに いくつか ランプが ありました

    

   

       
夕方のニュースは

東京佐川急便の 

故 金丸信氏への 5億円ヤミ献金事件  一色

「京都で 後輩数名が 佐川会長の孫の 家庭教師をしている」

この話題で 盛り上がりました

    

    

京都から来てたの

北大のOBかと思ったよ  

北海道なまりの マスターの言葉

   

よそ者の 一見さん と 思われてなかったのが 嬉しかった

ほくほくの 生まぐろ ほんと 美味しかった

    

Photo 出典不詳

  

 札幌「おし鳥」追想 に目が留まり執筆 (2013/10/31)

好きな店 2 買った靴 買いたい靴

 

スエードの靴を買いました。

ジャストフィットでかなり気に入っています。

    フロントページのタウンシューズ(ベージュ)

Photo_3

 

今度買いたい靴をリストアップしておきます。

かなり美しい靴だと思います。

    イレイのレースアップシューズ(ダークブラウン)

Photo_4

 

父とお揃いのウォーキングシューズを買いました。

来春の弘前旅行用です。

    アシックスの旅日和

Photo_3

javari

 

今年90歳になる父ですが

洗濯と風呂掃除以外

食事も買い物も自分の事は全て自分で賄います。

去年秋の誕生日のこと

夕方ふらっと出かけて午前さまになる直前

タクシーで帰宅。

行きつけのおでん屋さんで誕生日を祝ってきたとの由。

聖路加国際病院の日野原先生が次の10年の目標だとか。

ヴァイオリニストのイヴリー・ギトリスさんと同い年

 

2001

文科省後援の写真コンテストで「優秀賞」受賞

皇居北の丸「科学技術館」で

 

2001_2

「ミッドサマー」  父の「優秀賞」受賞作品

 

「恭子さん」    父の「齋藤康一賞」受賞作品

Photo_3

「朝日カメラ」所収

12/06/20(1st)

好きな店 3 神田神保町の「洋食屋」

 

Photo_2

神田神保町の洋食屋 ランチョン  

ランチョンという店名は

英語で「ちょっと気取ったランチ」という意味。

初代の治彦さんが

駿河台下の一角で開業した1909年(明治42年)頃

近所に同業者がいないので

名前がなくても神田の「洋食屋」で通っていたとのこと。

そのうちに常連さんで上野の音楽学校関係者に

「名前が無いのは不便だ!ランチョンと呼ぶのはどうだ!」と

強引にも横文字で名づけられ

治彦さんは ただもう何語かも解らぬまま

ありがたく頂戴したのだそうです。

 

戦前・戦中、青山の旧華族、梨本宮邸傍に下宿し

東横線でジャイロコンパスを製造する会社勤めをしていた父は

給料日、恭しく後ろに立つボーイさんの給仕を受けながら

カレーライスを 食したのだとか。

緊張の冷や汗をかきながら。

普通、カレーライス 十銭 の時代、スープ付きで何と一円!

 

ハチ公にパンを与えたという自慢話のついでに必ず口にする話題です。

 

時は移ろい

私は カツサンド を黒ビールと一緒に頂きました。

 

Photo_10

奥の絵には父親の治彦さんの姿も

   

 

Photo_8

 

李白の詩にも

一杯  一杯 復一杯  というのがあります。

Wenn das Bier eingeht,  geht der Mund auf.

大ジョッキのビールがだんだんと減って行き

1リットル入る マース という特大の器がちょうど空になるころ

人々はみな上機嫌で盛り上がり

口数も増え、話も相当はずんでいることでしょう。

 

ドイツには陶器や金属でできた蓋付き大ジョッキで

ビールを飲む習慣がありました。

 

現在の代表的ランチョンメニュー

Photo_9

オレンジページムック「おいしい東京」所収

 

旨い黒ビールの味を覚えたら、

日本で普通にビールと言われている

ピルスナーを飲みたいと思わなくなりました。

 

実は、このピルスナーの故郷はチェコなのですが、

そのチェコのプラハでも、

黒ビール1種類のみで商売している店があります。

 

来週、その黒ビールを飲みにプラハに行きます。

日本のビールはアルコール度数5%と低めですが、

ウ フレク の黒ビールは13%、ジョッキは0.4L 1種類のみ。

2杯飲みたいところですが、

目が回るといけないので、昼と夜、1杯ずつにします。

1杯 59コルナ、約 240円です。

(13%はアルコール濃度ではなく、発酵前の麦汁濃度だった。

バリング度: 2013/06/26 追記)

 

石畳の迷宮のような小路を歩き、

のどが渇いたころ、

また ウ フレク に戻って1杯の黒ビールを頂く

それだけでも良い旅になりそうです。

 

チェコ語はできませんが、おそらく普通のチェコ人以上に

チェコの音楽が身についています。

スメタナ、ドボルザーク、ヤナーチェック

小学生の頃から聴きはじめました。

 

交響詩「わが祖国」と歌劇「売られた花嫁」

 

弦楽四重奏曲「アメリカ」、ピアノ五重奏曲、

第7・8・9番の交響曲

バイオリン協奏曲とチェロ協奏曲

「レクイエム」に「スターバト・マーテル」

 

「シンフォニエッタ」に「グラゴルミサ」

 

マーラーが故郷のチェコ・フィルを指揮して初演した

交響曲第7番なども、

一般には、難解で捉えどころがないように言われていますが、

私には、単純・素朴で美しいチェコの音楽に

世紀末ウィーンの香り付けが施された

一種のヌーベル・キュイジーヌのように思えてなりません。

 

プラハは美術史においても、

キュビズムの中心を成した街のひとつでした。

 

チェコ国歌はメロディーがことのほか美しく、

中間部では精神的にも鼓舞され、

チェコ国民でもないのに、

知らず知らず口ずさんでいることがあります。

 

ビロード革命直後のプラハの春では、

ハベル大統領夫妻も出席して、

アール・ヌーボーの市民会館、スメタナ・ホールで

スメタナの「わが祖国」が演奏されました。

タクトを取ったのは、亡命生活を終えて帰国した

ラファエル・クーベリックでした。

その後クーベリックは1996年8月11日、スイスで

亡くなり、父親のヤン・クーベリック、

美人画で有名な国民的画家のアルフォンス・ムハ

とともにチェコ建国の地、ヴィシェフラットの霊園で

静かに眠っています。

   

Photo 出典 

   

Photo_2 プラハ ヴィシェフラット墓地(2012/7/24)

       

Photo_2

スメタナ「わが祖国」  

   

   

Photo_3

 

9

 

Photo

ウ フレク

 

無事帰国したら、旅行記をアップします。

12/07/16(1st)

   

しまひとみのプラハ旅行記
  

しまひとみの映画鑑賞2「コーリャ 愛のプラハ」

   

    

    

しまひとみの好きな店 4     

やきとりと 握り鮨の おし鳥 

札幌市 北区 北18 西5                

   

残念ながら 2012年11月末で 閉店

店主の 加藤嘉勝 さん が 80歳を越え

店の賃貸契約が切れるのを機に  閉店を決断とか

   

          

1992年8月の末

北大での 学会発表の際

北大に1番近い宿泊施設なので

無信仰 無宗教 ながら

北海道クリスチャンセンターに 宿泊

4泊のうち 3泊目に おし鳥で 夕食

   

           

マスターの おすすめ で

やきとりの 盛り合わせ と

生まぐろの握りを 頂きました

     

         

マスター 

元々は 函館で 大きな お鮨屋さんを 経営とか

やきとりと 握り鮨が 一緒に食べられる 理由 です             

カウンターに いくつか ランプが ありました

    

   

夕方のニュースは

東京佐川急便の 

故 金丸信氏への 5億円ヤミ献金事件  一色

「京都で 後輩数名が 佐川会長の孫の 家庭教師をしている」

この話題で 盛り上がりました

    

    

京都から来てたの

北大のOBかと思ったよ  

北海道なまりの マスターの言葉

   

よそ者の 一見さん と 思われてなかったのが 嬉しかった

ほくほくの 生まぐろ ほんと 美味しかった

       

Photo 出典不詳

  

札幌「おし鳥」追想 に目が留まり執筆 (2013/10/31)